注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

子供を産んで後悔する女性の理由とは?4選まとめ

  • 2021年5月8日
  • 2021年5月3日
  • 悩み
  • 45view

子供産んでしまってから後悔しているという女性が少なからずいらっしゃいますが、こうした気持ちは端から見れば、悲しいものですが、当の本人は後悔しかないのでしょう。

その後悔は、子供を産んだからできた内容であるなら、子供を産まなかったときは満足度の高い生活を過ごしていたのではないでしょうか。

これから結婚や出産を考える女性にとっても知っておいて損はない情報ですし、後悔しない理由を知っておけば対策ができるでしょう。

体型の問題

子供産んで後悔しないように、男性とはしっかり話し合うことが大事になりますが、後悔というのはどんなものがあるかといえば、まずは「体型」です。

女性のカラダは不思議なもので、出産をするために体重は約8キロから10キロほど増えるといいます。

もちろん、産後から徐々に戻るようになりますが、なぜかしら産後太りする女性も少なからずいらっしゃいます。

それまではモデル体型だった女性、骨盤の開きによって洋梨体型になったり、胸も垂れたりするため後悔するようです。

自由な時間

子供を産んで後悔してしまう女性が少なからずいますが、2つ目には「自由な時間」があるようです。

それまで自由気ままに生活をしてきたのなら、子どもができてからは、子育てに縛られてしまう意見が聞かれています。

趣味の時間もなくなり、朝から晩まで、1日通して子どもと共に生活をするワケです。

もしも、配偶者からの協力が得られないのなら、もしもシングルマザーで育てることになるなら、自由な時間が得られない後悔だけが残るといいます。

育児疲れ

子供産んで後悔してしまう女性がいるとして、その理由は子育ての難しさにあるのかもしれません。

初産であれば、初めての育児です。

何から何まで、知らないことばかりです。

授乳についてもおっぱいが張るけれど、垂れ乳産後の問題からも粉ミルクを選ぶ女性もいます。

ミルクを飲む量が少ないのか多すぎるのか、また、いつまでたっても泣き止まない、色んなことでトラブルようで、支援してくれる人がいないときほど後悔してしまう声が聞かれています。

うつになる

子供産んで後悔する女性がいますが、それは健康面にあるようです。

産後うつ病がひとつの例ですが、自分だけがツラいと思い込んだり、子どもを愛することがどうしてもできなくなるなど、メンタル的に病み期に入ることで、次第に健康面に悪影響を及ぼすことがあります。

もちろん、後悔というのは産んでしまってからはどうしようもできない問題だからですが、精神科、心療内科などが相談役になってくれますから、一度相談してみましょう。

まとめ

子供産んでしまった後で後悔してしまう女性が少なからずいらっしゃいますが、その多くが、子供に対する問題で後悔するのでなく、自分自身に対する後悔だといいます。

体型も自分に関すること、精神的な問題も自分に関することです。

後悔しないのが一番理想ですが、産んでしまった後の後悔というならば、第三者に相談するのが解決手段のひとつです。

それが精神的なものならば、医療機関などがオススメですし、早い相談が良いでしょう。