注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

家族に作り置きのおかずは気持ちが悪いと評判を受けたがメリットはあるの?

  • 2021年4月11日
  • 2021年5月3日
  • 悩み
  • 68view

私は以前から作り置きのおかずを作っていましたが、家族に家族に作り置きのおかずは気持ちが悪い!
と言われるようになり断念…

どの部分がダメなのか家族に色々リサーチした結果を基に作り置きのおかずのメリットデメリットと解決法をまとめてみました!

作り置きのおかずのメリット

この記事読まれているみなさんはご存じだと思いますが、メリットは

圧倒的な時短!!

毎日おかずを作るのにかかっていた

お弁当に1時間強
夕食に1時間

作り置きおかずに頼るだけで、合計で30分に収まるぐらいの時短が可能なんです!

その分作り置きのメニューを作るのや考えるのには結構時間がかかっちゃうんですが…
私は1日に3~5日分を一気につくりますので当日は数時間かかります。
でもその分、お弁当と夕食が楽になるならかなりのメリットだと思います!

料理がうまくなる?

これは家族に作り置きのおかずは気持ちが悪い!と言われた後に色々な試行錯誤をした結果
気持ちが悪い!と言われる前よりもかなり料理がうまくなったと思います!

実際、作り置きのおかずでもおいしいと言われるレベルまで到達することができました。

考え方や調理法一つでこうも変わるなんて料理は本当に奥が深いな~と感じました。

節約につながる!

これはかなり効果があると私は思っています。
私が作り置きおかずを考える時はスーパーで食材を吟味している時なのですが、価格とにらめっこしながら考え

ある程度おかずレパートリーがあると食材の分量を間違わなければかなり節約できます!

作り置きおかずは気持ち悪いかもしれないが家計も大事!

作り置きのおかずが気持ち悪い理由

 

作り置きのおかずが気持ち悪く悩む男

正直、家族に作ったおかずが気持ち悪いと言われるのはショックでしたがよくよく考えると確かにと
思える部分もチラホラありました。
私自身、食にそこまで関心の強いタイプではなかったのも裏目にでちゃいましたね。
大きな理由は

お弁当のおかずと被り率が高い!

夫と子供の2つのお弁当を平日に作っていたのですが、ここに1つ目の作り置き気持ち悪いポイントがありました。

私は平日5日分くらいのおかずを一気に作って小分けにしていたのですが、日持ちするおかずと日持ちしないおかずの配分を考えていたのですが
どうしても日持ちしないおかずのお弁当と夕食のおかずが被り率が高くなってしまい、毎日同じ物を食べている感じになってしまうのがダメみたいです。

冷凍おかずの味が美味しくない

冷凍することで水っぽくなってしまうものもありました。
作れるおかずが制限されてしまうのが、作り置きおかずのデメリットなのかもしれません。

また解凍後に臭いが少しきつくなるというのも気持ち悪いポイントです。

また、冷凍おかずが多くなり、その味にも不平不満が出るようになってきました。
食事を作る側から見れば、作る工程や大変さを知っています。
ですが、ただ食べるだけの家族は、やはり味が美味しくないと、食事が楽しくないようです。

味になれてしまう

作り置きのおかずといっても、毎回同じものを作っていたわけではないんですが、どうしても味付けが似たようになってしまいます。
そうするとメニューは変わっても同じものを食べている感覚になり結果的に作り置きが気持ちと思われてしまいます。

作り置きのおかずは気持ち悪い?No!No!解決法!

解決する女の子

作り置きのおかずは気持ち悪いともう言われないようにする解決方法をまとめました。

実際、肌で感じたことなんですが、作り置きのおかずが気持ち悪く感じるのは味だけではなく、手抜き感であったり、愛情であったりといった五感では感じれない部分も関係していると思います。

やはりご飯を食べる時はネガティブな感情がないほうが、おいしく感じますし、おいしいの言葉1つで作った本人もうれしいですよね

<h3全てを作り置きのおかずにしない!

普通の人はしないと思いますが私は一時期やってしまっていました。
その時にタイトルにもある作り置きのおかずは気持ちが悪いと言われてしまったのですが、
やっぱりその都度少しでも作るのは大事ですよね。

私の場合は1~2品シンプルな味付けの料理を作るようにしています。

作り置きのおかずは保存も考え少し味を濃いめにつくっていますのでバランスを考えて作っています。

もちろん健康面の栄養バランスもしっかり考え

そういう家族の為に考える部分が少しでも伝わるようにしています!

冷凍は味が染みる!

基本的に味が染みる時は温度が下がっていく時に味が染みます。

煮卵なども1日冷蔵庫で寝かす作業をするのは、温度を下げ味がしみこむためです。

カレーなども1日たった方がおいしく感じるのは常温まで温度が下がったことにより、味が染みこみまとまりが出るからなんです。

これをうまく使えばおいしい作り置きも可能なんです!

痛みやすい食材を知る

これは本当に大事なことなんですが、何でもかんでも冷凍保存ができる現代では

やっぱり痛みやすい食材ほど味の劣化が激しく、最悪食中毒の危険性も秘めています。

数日程度なら問題ありませんが主に長期での作り置きを考える場合は水分量が多いものは基本的にNGです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

作り置きのおかずは気持ち悪いと思っていた方もいらっしゃると思いますが、作っている方も色々考えて作っていたりします。

少しでも今後の生活が楽しくなって頂ければ幸いです!

この記事を読んでいただいた方で作り置きおかずが気になったら一度作ってみてください!