注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

二人目を産まなきゃよかった理由とは?4選まとめ!

  • 2021年5月4日
  • 2021年5月3日
  • コラム
  • 98view

二人目を産まなきゃよかったというのは悲観的に感じますが、実際に、こうした思いにいる女性は少なからずいらっしゃいます。

理由はどんな部分にあるのでしょうか。

一人目のときと何か違いがあるからこそ、産まなきゃよかったと思えるのでしょうか。

それとも、子供うんぬんでなく、ただ気持ち的にそうした感情がこみ上げるのでしょうか。

もしも一人目を産んでいて、もうそろそろ二人目と考える女性がいるなら、チェックしておきましょう。

お金がかかる

二人目を産まなきゃよかったと思う理由は、「経済的問題」にあるでしょう。

一人目までは家族三人でなんとか生活ができていたとしても、一人増えるだけで衣食住でお金がかかります。

将来的なことをいうならば、教育費がかかるようになります。

子供が高校を卒業するかしないか、大学に進学するか就職するか、そうしたときのお金の出資は高額になるでしょう。

高校や大学によっては一年で百万円は教育費として支払うことにもなり、それが二人となればニ倍です。

比べる

二人目を産まなきゃよかったと思う女性の意見が少なからずありますが、それは「我が子を愛せない」ということに繋がる場合もあります。

一人目は待望の子供であったため、可愛くて、愛おしいという母性愛がしっかり感じられるようですが、二人目にはその愛情を移行することができないようです。

どうしても一人目と比べてしまうようで、一人目の良い部分にばかり目が向き、それに劣るであろう二人目には愛するという母性愛が薄れてしまうといいます。

自由がない

二人目を産まなきゃよかったと思う女性側の意見としては、「自由な時間が持てない」という内容もあるようです。

共働き夫婦によく聞かれている内容ですが、女性は家事に育児、そして仕事をこなすワケです。

仕事をセーブするのが正解でしょうが、家計負担を考えると仕事は継続しなければなりません。

家事も疎かにできないでしょうし、育児も同様です。

もちろん、保育園に預けることができる時間に家事を済ませたり、仕事をするワケですし、公休には家族サービスが必要になるからです。

顔がそっくり

二人目を産まなきゃよかったと思う瞬間があるとすれば、子供の顔の問題があるといいます。

一人目は自分にそっくり、二人目は旦那にそっくりという場合、普通に考えると愛しあって結婚した夫婦ですから、子供の顔がどちらかに似ているのは愛くるしいはずです。

しかし、仲の良い夫婦ばかりではありませんし、自分の顔が気に入らない女性もいるでしょう。

二人目が自分にそっくりであれば、同じ顔と毎日付き合っていくワケで、そこから産まなければ良かったという感覚に陥るようです。

まとめ

二人目を産まなきゃよかったという女性の声が少なからずありますが、これは決して悲観的なことばかりではありませんが、中には経済的な理由から、幸せな生活をさせてあげられない、そうした不甲斐なさから発する声でもあります。

二人目を産まなきゃよかったと思ってしまう女性の声は、なかなか周りの耳に入ることはありませんが、子供たちは雰囲気であったり、何かしら、気持ちで察することがあります。

ですから、産んだ以上はしっかり育てましょう。