注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

大嫌いな父親に絶対に関わらない方法!

  • 2021年4月7日
  • 2021年4月6日
  • 悩み
  • 35view

こんにちは。本日は「大嫌いな父親に絶対に関わらない方法」というタイトル通り、大嫌いな父親に絶対に関わらない方法について解説をしていきたいと思いますので、是非とも親子関係で悩んでいる方は参考にしてみてください。

当方が、大嫌いな父親と関わらなくなってから、もう10年以上が経過しておりますので、少しでもお力になれる可能性があると思い筆を執らせていただきました。

大嫌いな父親からの干渉を受けないために、さぁ!あなたも旅立ちましょう!

「必死になって軍資金を貯める」

見出しにあります「軍資金」を貯めるというのは、文字通り一人暮らしを始める軍資金です。これは実家住まいで父親が大嫌いで仕方ないという人を対象としております。やはり学生であればアルバイトや社会人であれば、働いてある程度の軍資金を貯めてから大嫌いな父親の元から旅立てると思います。

その際に最低限必要な金額としては、やはり50万円は欲しいところです。因みに当方は、父親が大嫌いすぎて30万円を貯めて、母方の祖父が10万円ほど援助してくれましたので40万円で家を出る事ができました。

このように軍資金は必要ですので、50万円前後は持って家を出たいところです。基本的に100万円あれば余裕で家を出ることは可能だと思います。

「着信拒否か電話番号を変更」

上記のように大嫌いな父親から逃れるために家を出たとします。「あぁ!やっと自分ひとりになれた!」と思ったら大間違いです。

このような毒親(毒親と自分で認識をしていない)は、何事もなかったような顔で電話や手紙をよこします。「おい大丈夫か?」「何やってるの?」「お正月にでも帰って来い」等と、とんちんかんなことを言うのです。

このような場合は、必要であれば着信拒否か電話番号を変更してみましょう。これであなたの「嫌い」という気持ちは伝わるはずです。

「住所を絶対に教えない コンタクトがっても追い返すこと」

ここで注意点が1つあります。絶対に「住所を教えない」事です。このような親は住所を教えてしまうと、何かと口実をつけて会いに来たりするはずです。

しかしながら、親戚づきあいも大切ですよね?そこで自分が本当に信頼できる親戚や親族、母親だけに教えておくのはいいと思いますが、父親には絶対に教えないでください。これは自分自身を守るためです。

もしも万が一に住所がバレて訪問されても、「帰って下さい!」「帰らなければ、警察に通報します。」とここまで毅然とした態度で追い返してください。

「とにかく大嫌いという事を伝える」

このようにして関わらない方法と書いてきました。

しかしながら、あちらから関わってくる場合も無きにしも非ずです。そこで毅然とした態度で、しっかりと伝えてください。「どうしてもあなたが大嫌いだ」と。

当方は「昔から、あなたが大嫌いだった。もう本当に関わらないで欲しい。本当にお願いします。大嫌いなんだ!関わらないで欲しい。お願いします。」と頼み込みました。すると父親は、「わかったよ・・・悪かった」と言ってそれきりです。

この時、父親は電話越しで泣いておりましたが、本当に大嫌いでしたので心を鬼にして「大嫌い」という事を伝えました。

皆さんも、このくらい伝える覚悟は必要だと思います。

「まとめ」

いかがでしたでしょうか。以上が、「大嫌いな父親に絶対に関わらない方法」でした。

当方が本当に父親が大嫌いで、もう10年以上関わっておりませんので、かなりリアルな関わらない方法と書かせていただいたつもりです。親子関係で苦しんでいる方の、お力になれたら幸いと感じております。

そして、一日も早くあなたにとって「最高の日が」来ることを心から祈っております。その「最高の日」が来るまで、どうか負けずに頑張って!

応援してます。