注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

結婚を控えた年上女性が自分の親に会いたくない理由とは?

  • 2021年5月7日
  • 2021年5月3日
  • 悩み
  • 52view

年上女性が彼の親に会いたくないと思うことに理由があるとすれば、結婚の話が出たときです。

付き合っているだけなら許される年齢ですが、結婚となるなら、親目線になりがちです。

親に会いたくないという理由は年齢差によるところが大きいようで、20歳以上も離れているのなら、会いたくない理由も理解できないワケもありません。

もしも、結婚を控えていて同じ悩みを抱えているのなら、チェックしてみて、対策してから会うようにしてみましょう。

年の差

結婚をする可能性があったり、プロポーズを受けた場合、女性は男性の親に会いに行くことになりますが、会いたくないという声も耳にします。

その理由の1つは「年齢差」です。

彼よりも年上であることで会いたくないという意見も耳にします。

年上でも気にすることはないはずですが、それが20歳以上も差があるのなら、そうした感情も出てくるのではないでしょうか。

20歳以上というならば、もしかすると親と同世代となるかもしれません。

親と同年代

男性側の親に会いたくないという女性も少なからずいるはずで、それがただのお付き合いならばまだしも、結婚となれば、会わざるを得ないでしょう。

それでも会いたくない理由は、年の差で年上というデメリットがあるからですが、親と同世代というケースもあるでしょう。

親からみれば、嫁にしたくない女性に思われてしまうかもしれません。

世間体を気にしては結婚はできないでしょうが、結婚は2人だけの問題ではなくなり、親戚づきあいが始まるからです。

親戚づきあい

男性側の親に会いたくないと思う女性がいたとして、その理由が年の差であるなら、何かしら問題になるからでしょう。

例えば、20歳以上年上ならば親戚づきあいも始まりますから、周りからかかあ天下と言われてしまい、男性の面目丸つぶれということも無きにしもあらずです。

20歳以上年下の場合には、ちょっとしたミスをしたとしても作法がなっていないと言われたり、教養が身に付いていないと言われてしまい、こちらも面目丸つぶれになるため、会いたくないと言います。

子づくり問題

結婚を控える女性が男性側の親に会いたくない理由が、年齢差であるのなら、その理由を深く掘り下てみましょう。

親というのは、子供の幸せを願うものです。

これは嫁ぐ側の女性の親にいえる願いでしょうが、しかし、男性側の親も気持ちは同じです。

もしも20歳以上も年上であるのなら、親としては「子づくり」というのが脳裏に浮かぶといいますし、当の本人もそのことは結婚の話しが出てから考えるものです。

率直に「子どもが産めるのか」口にできる親はいませんが、そうした理由から会いたくないと思うようです。

まとめ

結婚を控える女性にとって、男性側の親に会いたくない理由は至ってシンプルで、年齢的な問題にあります。

会いたくないということは、隠し通せることではないという意味合いがあるでしょう。

年齢を言わずとも見た目に表れてしまいます。

性格など、隠し通せるなら会いたくないと言わないでしょうから、会いたくないと言うのは、年上女性ならではの理屈でしょう。

それでもデメリットを上手く、回避しながら、対策しながら結婚へ前向きになりましょう。