注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

いつかの配偶者を亡くしてからの一人暮らしのヒントまとめ

  • 2021年4月12日
  • 2021年4月11日
  • コラム
  • 76view

配偶者を亡くしてしまえば、2人暮らしだったのが一人暮らしになるワケです。

そうなる場合には、どんな心境に陥るのでしょうか。

第一に寂しさ、虚しさがあるといいます。

その寂しさなどを払拭させることができるとすれば、それはどんな方法になるのでしょうか。

配偶者を亡くすのは年齢的に高齢者ですから、そうした視点、目線で考えてみましょう。

亡くしてからでは遅いため、今からでも対策しておくことも一利あるでしょうからチェックしましょう。

仕事に明け暮れる

配偶者を亡くしてからは、一人暮らしをしているという方の大半は、高齢者です。

どうしても老いには勝てないもので、配偶者が先に旅立ってしまうこともあります。

一人暮らしをするのは、子供が居ないからでしょう。

そうした場合には寂しさがあるのではないでしょうか。

もちろん、仕事をバリバリしているのなら、寂しさを仕事で紛らわすこともできるでしょうし、一人暮らしならば、同僚や上司、後輩を自宅に招いて、楽しいひとときを過ごすこともできます。

ペットを飼う

配偶者を亡くしてからの一人暮らしは、デメリットでしかないのか、そう思うのであれば、そのデメリットを埋めてあげましょう。

例えば、子供が居ないのなら、配偶者を亡くしてからは独りがイヤになることもあるでしょう。

そんなときには、ペットを飼ってみるのがおすすめです。

動物には癒やしの効果が期待でき、アニマルセラピーなども取り入れられています。

ツラい、悲しい気持ちを動物が慰めてくれます。

猫よりは服従する動物となる犬がおすすめです。

接点をもつ

配偶者を亡くして一人暮らしなら、この際、子ども達との二世帯住宅を考えてみてはいかがでしょうか。

終の棲家を離れたくないのなら、リフォームをしてから子ども達を迎え入れるのもアリですし、心機一転ではありませんが、子ども達の住む地域に引っ越すことで接点もできます。

一緒に住めない事情があるなら、せめて近くに住まいを移すのも一法です。

安心感や安全性などにも配慮したり、考慮ができる、そうした距離感を保っておくのが理想的です。

賃貸に住む

配偶者を亡くして一人暮らしをする人にとっては、ポツンと取り残された感の寂しさがある意見も耳にします。

一人暮らしが一軒家ならば、部屋の広さがそう感じさせるでしょうから、せめて、賃貸マンションやアパートに引っ越しましょう。

また、一人暮らしがイヤならば、老人ホームなどに入居するのも一法ですし、年齢的にまだ若いのであれば、シェアハウス物件を選んでみるのもアリでしょう。

誰かが側に居てくれる、たったこれだけで虚しさも払拭できます。

まとめ

配偶者を亡くしてからの一人暮らしは、寂しさがひとしおだといいます。

でしたら、寂しさを紛らわすのが一番です。

子ども達がいるのなら、子ども達にお世話になったり、世話を焼くのも良いでしょう。

生き甲斐にもなるようにペットを飼育するのも一法です。

一人暮らしはパートナーがいなくなったために致し方なく、といった内容でしょうから、せめて、誰かと一緒に住むことを第一に考えて行動してみましょう。

たったそれだけで生き甲斐になります。