注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

クリスマスケーキはいつ食べるのか?みんなの意見まとめ!

クリスマスの時期になると、誰しもがワクワクするようで、クリスマスらしい料理を作ったり、注文したり、外食する人もいるでしょう。

しかし、問題になるのはクリスマスケーキをいつ食べるのかということにあります。

注文するにしても受取日をいつに設定するのか、悩む人も少なくないようです。

独り身ならば、いつ食べているのか、家族がいるならいつなのか、友達と集まるならいつなのか、そうした食べる人によっていつを選びましょう。

いつ食べるのか

クリスマスにケーキは食べるでしょうか。

それこそ男性で、独り身であれば食べないかもしれません。

女性は比較的、甘いものが好きですから、クリスマスにいつも通りのご飯を食べたとしてもケーキだけは食べるという意見が多く聞かれています。

クリスマスケーキはいつ食べることが多いか、24日はクリスマスイブで、25日がクリスマスですが、少数派意見として、朝からケーキを食べる人もいますが、大抵は夜に食べる機会が多いようです。

クリスマスに食べる

クリスマスケーキはいつ食べるものという決まりはありません。

しかし、その多くは25日のクリスマスイブに食べていらっしゃいます。

子供たちがいる家庭では、クリスマスプレゼントを24日の夜に枕元に置いておくため、その前にクリスマスを祝うことはできないようです。

ですから、25日に食べる家庭が多いと考えられています。

もちろん、24日が前夜祭であるため、クリスマスというのがイメージできないためにケーキは25日になるようです。

26日に食べる

クリスマスケーキはいつ食べるか、少数派になりますが、26日に食べる意見も耳にします。

というのは、26日にケーキが安売りしているためです。

ケーキは洋菓子になり、生ものですから賞味期限でなく、消費期限になります。

添加物などが入っていないため、期限も短いのがデメリットです。

ですから、洋菓子店であったり、手軽に立ち寄れるスーパーやコンビニなどでは在庫をなくすために値段を下げて販売せざるを得なくなります。

それを狙って食べるようです。

前倒し

クリスマスケーキはいつ食べるのか、それは23日というパターンもありますし、24日というパターンもあります。

これはスケジュールの関係による問題です。

時に、25日が月曜日になることもあれば、24日が日曜日になることもあります。

公休を利用してクリスマスパーティーを開くのが一般的です。

友達同士で集まるときにも、公休のほうが都合も付きやすいでしょう。

仕事帰りといっても残業もあれば、間に合わないこともあるため、この時に食べるようです。

まとめ

クリスマスケーキはいつ食べるのが正解というのはありませんが、大抵は、23日から26日の間に食べているようです。

しかし、独り身と家庭がある人によって、食べる日にちが違ったり、食べる時間帯も違いがあります。

しかし、クリスマスというイベントの多くが24日、25日に限定されていますから、いつ食べるかといえば、やはりこの2日間に集中するのも納得できる内容です。

いつ食べてもケーキはケーキ、しかし、クリスマスらしさを意識できるのは25日です。