注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

何故あなたは嫌みを言われやすい人なのか?

  • 2021年4月6日
  • 2021年4月5日
  • 悩み
  • 252view

何故かいつも威張った態度をとられてしまう、あの人は言われないのに私だけいつも嫌みを言われてしまうことはありませんか。そんな方はなんだか見下されている気分になってしまうのではないでしょうか。

誰だって嫌みを言われれば気分が悪くなりますし、言われたくないと思います。それが毎回言われてしまうのは大変なストレスですし、心が不安定になってしまうでしょう。

自分の心を守るために嫌みを言われやすい原因と嫌みを言う人の特徴を知り、対策することが必要です。

嫌みを言われやすい原因とは

一番の原因は自信が無いことです。自信が無いと自分の意見が言えず人に合わせてばかりになります。そうすると「何を言われても反論しない人」と思われるようになり、嫌みを言ってもいいと判断されるのです。さらに人目を気にしすぎるオドオドした態度が見下せる相手だと思われターゲットにされやすくなります。

また「優しすぎる」ことも原因の一つです。嫌なことをされても相手を許してしまったり、相手の気持ちを考え過ぎるとその優しさに嫌みを言う人はつけこんできます。

どうすれば嫌みを言われない人になるのか

一番の対策は自信を持つことです。自信が無い方にどうすれば自信が持てるか聞くと高収入や容姿端麗、友達が多いなど様々な条件が出てきます。しかし自分に自信がある方に何故自信があるのかを聞くと明確な条件はなく「私だから」と返ってくることが多いです。つまり自信に条件や根拠は必要無いのです。あなたの条件が満たされなくてもそのままのあなたで自信を持てるはずです。

そのためには自分を大切に扱い、いつも他人に向けている優しさを自分に向けて下さい。「自分なんてダメだ」なんて思い自分を攻撃するのは論外です。自分を愛する恋人だと思い言葉をかけたり、食事や物を選んでみて下さい。ナルシストではないかと思うかもしれませんが、自分が大好きという気持ちこそ自信なのです。

嫌みを言う人の特徴とは

嫌みを言ってくる人に対してあなたはどんな印象を持っていますか。怖い、自分より強そうなど思っているのではないでしょうか。アニメやドラマなどでも虐めている側の方が虐められてる側より強そうに演出していることが多いです。

しかしそんなことはありません。嫌みを言っている人は常に余裕が無く嫌みを言うことで優越感にひたり心を安定させているのです。つまり嫌みを言うことは自分は弱い人間だと言っているようなもんです。決して臆することはありません。

嫌みを言われたと時の対応のやり方

嫌みを言われたときに一番大切なことは相手に優越感を与えないことです。そのため落ち着いて堂々とした態度が大切です。

嫌なことははっきりと相手に伝えた方がいいのですが、立場などで言えない時もあるでしょう。そんな時は嫌な顔を一切せず余裕の笑顔で受け流して下さい。仕事のことだったら「ご指導ありがとうございます」と言ったり、「あなたはいいわよね」みたいなことを言われた時も「そうかもしえないですね、有難いことです」などポジティブに返せば大体話は終わります。

また何故そう思うのかを聞くのも効果的です。根拠が言える嫌みなどほとんどありません。

最後に

嫌みを言われやすいのは嫌なことですが、素晴らしい才能あることでもあります。知らない人に道を聞かれたり、友達が自分だけに本音を漏らしたりすることはありませんか。それはあなたがとても話しやすいからです。そして相手のことを考えれる野菜しい人だからです。これは努力してもなかなか会得出来ない才能です。

それに加え自信を持ち自分をしっかりともてたなら嫌みを言われやすい人とはほど遠い、どんな場所でも必要とされる一目置かれる人になるでしょう。